What is everybody want? 

0
    昨日の練習、あれ位で売り切れてるようじゃ、
    今年も大して上は狙えないな。
    先週の疲れと思いたいところだが。

    今年からペダルをSPD-SLに替えた。
    靴を買い換えようと思っていた矢先に
    去年まで使っていたTIME-IMPACTがモデルチェンジになり、
    専用シューズだったのでゲタもありゃしない。

    で、単純に予算の都合から性能も何も考えずSPD-SLにしたのだが。
    価格から考えれば、不満を言うべきではないのだろうな。
    プロの使用にも耐えるのだし。
    だがやはり、プロでないからこそ、身銭を切っているからこその
    感想ってのがあるとも思う。

    基本的な構造がSPDから進歩してないな。いや、させてないのか。
    重量やメンテナンス性を考慮すれば、
    複雑な構造や、細かいパーツ割はリスキーだろう。
    しかし、ばねの遊びの分、クリートが扇形に動いて「しまう」のは
    リリースには良くても、ロードレーサーで
    本気で「かかった」時には感触が悪い。
    即、赤クリート(固定用)に交換して、とりあえずOKとしたけど。

    TIMEは、リリース動作はSPDと同じく「扇型にひねる」方式だが、
    Qファクター調整機構がある所為か、ペダリング中に
    ばねがリリース方向に遊ぶのを感じたことは無い。

    で、MTBでSPDを使ってる人も分かると思うが、
    クリートのセッティングが面倒くさい。
    縦・横・斜めに自由にセッティングできるといえば
    聞えはいいが、それらを完全に出すとなると、
    そりゃ一日仕事になるに決まってる。
    「クリート調整に時間かけるのが上級者」みたいに
    言われてるけど、その間に乗りたいよ。

    IMPACTの時は前後位置だけだったから、
    携帯用のスロッテッドドライバー持ってれば
    練習に出て調整するのも簡単だったのに。

    結局の所、ペダル外枠とクリートの形状、全体の材質などで
    SPDをLOOKやTIME風に見せているだけな気がするんだよな。
    逆に考えれば、
    いきなりSPDに辿り着いてるシマノってメーカーの凄さ
    ってのもヒシヒシと感じるわけだが。
    時々「ストレスフリー」ってコンセプトがストレスに感じたりして。

    予算があればまたTIMEにするな。

    Stand Back!

    0
      住んでる所の都合なのだけれど、自走な限りは
      何処に練習に行くとしても、街中を走らなきゃならない。

      自転車に乗って、車との関係を平穏・穏便に済ますのが
      いかに難儀かは、今さら声高に叫んでも、って感じだが。

      最近は基本的に「全ての車は、僕をはねる為に走ってる」と
      考えるようにしてるので、以前ほどには
      ムカついたり、危険な目にあったりはしなくなった。
      我ながら大人になったもんだ。

      ま、1度リアルにはねられれば、いい意味での
      「車への信頼感」なんて物は吹っ飛ぶわけで。

      そんな中でも、車との関係を悪くしない為に
      有用と思えるものを幾つか。当たり前と言えば
      当たり前のものばかりだが。


      1.手信号
      これがやっぱ1番効くな。
      前に路駐なんかがあって追い抜かれたくないときには、
      手を大きく横に出して、手の平を後ろに向ける。
      イカれた商用車や、アホ主婦ドライバーでもないかぎりは
      結構ブレーキを踏んでくれる。
      で、スペースが確保できて追い抜かれてもよくなったら
      手の平を前に向けて振り、「行け」と知らせる。

      2.ペダリング
      車はこれでこっちのスピードを計ってるみたいだな。
      追い抜かれてもいい時は、手信号と加えて脚を止める。
      逆にスピード出てなくても、抜かれるスペースがないときは
      そうだな、インナー×ローとかでガーっと脚を回してみせる。
      ウインカーやブレーキランプのない
      自転車のアクションとしてはなかなか貴重なのかも。

      3.顔を向ける
      脇見運転はヤバイが。
      こっちが後方確認できていても、車からは分からない
      ミニマムな動きであることも多いので、
      手信号と併せて、バッチリ振り向いて
      「こっちはおまえを認識してる。すぐ追い抜かせてやるから
      今は待ってくれ」
      と、電波出しまくりでドライバーの目を見る。
      サングラス越しに目を合わせるも何もないだろうが、
      こっちには後ろを向くくらいの余裕がある、
      てことが伝わるだけでも。

      4.並走する
      初心者には真似して欲しくないが。
      「自転車は遅い、抜ける」と盲信してるドライバーは
      居なくならないので、街中の信号&渋滞の中では
      そうは問屋が卸さないって事を
      力づくで知らしめなきゃならないときもある。
      幅のない自転車でも、さらにスピードを出さなきゃ抜けない、
      となれば車もそうそうムキにはならない。
      相手の車を充分に吟味してからやるのが肝要なところだ。


      モーターサイクル(原付・ビッグスクーター除く)は
      大概自転車にはフレンドリーだし、
      完全なヤン車も、自分より弱い奴には寛大だ。

      もっぱらの敵はサンデードライバーと、
      中途半端なデカさの外車で通勤してるのだな。
      そんな断定で何が大人か、てのは言いっこなしで(笑)

      I'm not Telling You Anything, You don't Already Know

      0
        F・カサグランデも引退か。どうすんだよ、ヴァンデンブルック。

        こう雨が降っちゃあ、自転車には乗れないが。
        乗ってたら雨が降ってくることは仕方ない。

        「雨の日はブレーキが効かない」なんて云われるが、近頃の製品は
        Vタイプでもキャリパータイプでも、雨でも良く効くようになった。
        本当はカンチが一番効くんだが、ま、デルタブレーキに比べれば
        今の製品はどれも壁にぶつかるみたいに止まるな。

        雨のブレーキ問題といえば、シューが劇的に減る事か。
        レースどころか、通勤1回でも下手すりゃ無くなるからな。
        ロードのブレーキシューはいつでもデュラの+1を使ってる。
        気休めかもしれないが、安心感を買うってことにしてる。

        後はタイヤか。これも最近のは雨くらいじゃ問題なしだ。
        ただし、マンホールやラインペイントはどうにもならないな。
        意外と降ってる最中より、雨上がりでまだ路面が濡れてる時の方が
        「うっかり」スリップさせちまったりするが。

        それにしても最近のタイヤは高性能だ。
        雨でもそんなにグリップも落ちないし、耐久性もいい。
        僕のようなアマチュアなら、2〜3000km、3ヶ月は使える。
        チューブラーとWOの性能差は如何ともしがたいが、
        交換の手間を考えれば、WOのトップエンド製品を
        買うのにためらいはない。

        そうは言っても、ミシュランとユッチンソンは高いなあ。
        ビットリアの実売価格が良心的に見えてくるぞ。
        チューブラーのコルサなんて、かつては自転車小僧共の
        憧れの品だったのに。

        プロレースやフュージョンの乗り心地は魅力の一つだが、
        ビットリアの「昔ながらのロードタイヤ」な使い勝手はたまらないな。
        初めの内はコーナーで倒し込むのが
        不安に感じるようなハードさだが、どうしてどうして、
        アマチュアがタイヤの限界まで倒したり出来ないんだから。
        全然問題無しで攻め込める。

        ついスピードを出したくなるのは、街乗りにはヤバイかも。

        Know Your Role,and Shut Your Mouth!

        0
          3日は筑波8耐に行ってきた。

          何かスタートから救急車が行ったり来たり。
          結局5回くらいは救急車を見た。難儀なことだ。
          そういや、コーナーでまったり落車してんのはあまり見なかったな。
          落車、即、救急車ですか。どんな攻めた走りなのか(笑)

          今回は、先頭集団も明確なリーダーというか、
          意思統一がなされてなかったような。
          速い方から5つ目くらいまでの集団は流動的で、
          絡む奴、こぼれる奴、そんでまたそこから藪コギする奴、と。
          おかげでうちのチームも付く集団が選べて助かったが。
          もしかして、みんなそんな風に考えてたのか?

          にしても、集団の作り方、とか集団での走り方、とか
          レースの作り方ってのを、速い遅いに関わらず、
          もうちょっと勉強してきてくれないかねえ。
          ショップ主体のチームが殆どなんだから。


          ゆっくり走って、楽しみに来てる人のインをつくような走り方は
          速くても、大人気ないしねえ。


          かと言って、後ろから気合入った奴らが来てんのに
          蛇行したり、斜行したりしてんのは、初心者でもマナーに欠くだろ。
          まさかCRや公道ではやんねえだろ、そんな事。やってんのか?


          気合入ってる組も、集団の作り方知ってる人は少なかったなあ。
          とにかく一列棒状(苦笑)。横風でもないし、ゴール前でもないのに。
          そんなに伸ばしたら風除けにならないじゃない。先は長いのに。

          一部向かい風気味だったので「2列にしようや」と声掛けして、
          6人位でアタマ作ってやったら、その後ろは1列で右往左往(失笑)
          その6人も、2列でローテーション解るのは、
          僕と、後一人しか居なかった。何の為の集団なんだよ。
          集団ゴッコでも、もう少し格好つけてかないと。
          肩が組めるくらい横に近づいたり、前輪被せたりの練習してないの?
          それとも40kmオーバーやそこらでもう声も出ませんか。

          ピットインするために手ェ上げて横に抜けたら、そこに付いて来た
          アホたれも居たな。手上げたら少なくとも当人は抜けるだろ、
          パンクとか、補給とか、ピットインとかな(笑)
          それに付いて来て一体何をしようというのか。

          大口叩いてのリザルト?
          チーム目標は無事達成ですよ。
          前回より20周回以上積み増して、30位以上順位が上がったし。
          チームノルマの「1周3分」も全員達成、て所まででくみ取ってくれ。

          Your Candy A** is Next!

          0
            「硬くて古臭い乗り心地」とはどういったものか。
            現在目にすることの出来るサドルで言えば、
            ロールス、リーガル、コンコールやターボ、フライト、ターボマチック3以前、
            ブルックス社製に代表される本革サドル、などだろうか。

            尻に合う、のではなく、尻を合わせるような座り心地。
            新品の時は丸太に跨るような違和感と、
            セメントでも詰めてあるのか?というほどに
            路面の振動を拾い出す。

            しかし月単位、年単位で使い込むと
            表面素材やあんこと呼ばれるクッション材が程よく劣化し
            それは馴染みと呼ばれ、座面に自分の癖が出てきて、
            ポジションも決まりやすくなる。
            足型に合わせて成型するインソールを思い浮かべてもらえば
            近いだろう。

            もちろん、散々我慢して合わないサドルもある。
            だがその経験はサドルへのシビアな欲求を生む。

            内腿に不必要に接触しないか?
            自分の骨盤の幅に対してサドルの幅は?
            水平?前下がり?前上がり?
            レールの中心からどの位前後の長さが必要か?

            自分に合うサドルは見つけ難いかも知れないが、少なくとも
            自分に合わないサドルは見抜けるようになる。

            近年人気の、ゲル入り、穴空き、エラストマー、ベーススリット、
            等々が採用されたサドルは一見非常に快適だ。
            が、快適に座れてしまうが故に、自分の体や実力が求めるもの
            に気づかないまま乗れてしまう。合わない部分に気付かないのだ。

            快適性を重視したサドルは否定しない。が、快適さは時に
            自分自身をスポイルする。

            「ストイックであること」がスポーツの美意識の一つであるなら
            一度くらい自分自身の「ケツを蹴り上げてみる」のも悪くはない。

            Get Ready,,,

            0
              サドルに関しては、皆一家言あると思う。
              語りだすとキリが無いのだが。
              一つのサンプルとして。

              「スポーツ自転車」と呼ばれるものに乗り始めて10年になる。
              この間の主なサドル遍歴は

              ロールス⇒SDGベンチュラ⇒コンコール⇒エラプロ⇒アスピデ

              となる。

              仲間外れを探すなら、ベンチュラとエラプロになる。

              ベンチュラはDHバブルが膨らみまくってた頃に、MTBに付け、
              手頃な値段だったことからそのままロードでも使っていた。
              使い心地は悪くなかったが、耐久性に難が有った。
              レールと取り付け部が弱いのだ。
              立てかけただけで取り付け部のプラスチックに「す」が入り、
              MTBで転んだら一発でアウト。
              ケブラー部も弱く、果たしてあれは本当にケブラー繊維だったのか。
              S・パーマーが星条旗柄を使っていたのは完全なファッションだったのだ。

              エラプロは、現在のロードが完成車だったので
              付属のまましばらく試した。
              レーシーなデザインに、エラストマークッションでコンフォート性を
              持たせてあり、プロ選手の使用率もなかなかのようだ。
              しかしエラストマーの劣化に伴いしなりが大きくなること、
              新品でもそのしなりの為にシートポストによってはヤグラに
              干渉してしまう。
              使い心地も、エラストマーのクッションが俗に言う「あんこ」の
              クッションとは大きく異なるフィーリングで、力が入りにくかった。

              自己診断では、僕は「硬くて古臭い乗り心地」が好きなのだと思う。
              それがどういうことかは項を改めてみようと思う。

              Is Dat Cool?

              0
                ロードレーサーのポジションなんてのは
                本来いじりようが無いわけで。

                これとかこれとかに脚の長さや腕の長さを入力すれば
                速攻で計算された数値が出てきてしまう位に。

                考えてみれば当然の事で、
                もう100年からヨーロッパ、とりわけイタリア人やフランス人が
                「より速く、より遠くへ」
                と、自転車を進化させ、それを活かす乗り方と理論を
                金と名誉と誇りを懸けて、考えまくっているわけだから。

                首や肩にいくらかの負担がかかり、
                鍛えなければいけないのは、もはやどこぞのソフト屋並みに
                「仕様です」って具合で、速い乗り方には一定の型がある。

                なのに街でも練習でも、レース会場でさえも
                ヌルいというか甘いというか、ダッセえポジションの自転車が
                多くないか?
                ハンドルがやたら高くて、
                (そんなにカーボンスペーサーが格好いいか?)
                サドルが低くて、前に出まくってる。
                (シートポストは・・・"DURA-A"ですか?)
                いくら日本人が胴長短足でも、そこまで酷くはねえだろ。
                それで藪コギしてスピードが出たところで、
                腰や膝を壊すんじゃないかと、人ゴトながら不安なほどだ。

                M.インデュライン以降、剛性の向上や軽量化を実現できるとして、
                適正フレームサイズを10〜20mmも小さく設定することも
                非常識ではなくなったし、
                スローピング化や、A-HEADステムの普及などによって
                トップチューブは短く、その分ステムを長めに組む事も増えた。

                だったらシートポストはせめてロゴくらい出るんじゃね?
                ステムも見た目重視に100mm位はいけるだろ?

                カタチから入るのは、何事でも、上達の常道と言われるし。
                格好いい自転車に、ダサいポジションで乗ってて平気、
                という美意識に対して
                「ゼッテエ負けねえ」とか思っちゃうんだよな。

                格好良く、乗れてる?

                Tell Me a Lie, Mario!

                0
                  彼のファンではない人は居ても、
                  彼の名を知らない自転車乗りは居ないと思う。

                  マリオ・チポリーニ(伊・リクイガス-ビアンキ)

                  とうとう引退することを決めたのだそうだ。

                  ゴールスプリントの為に、チームメイトに「列車」を組ませることを
                  戦術として確立したのは、彼であるといっていいだろう。
                  サエコ時代の列車要員の選手達は、アシストではなく
                  「発射台」などと呼ばれ、幾人かは他チームのスプリンターの為に
                  高給で引き抜かれ、残る幾人かはマリオと共にチームを移って
                  彼の専属として引き続けた。やはりギャラはマリオ程ではないにしろ、
                  かなりのものだったと言う。

                  スプリンターでありながら、ゴールシーンに華々しいパフォーマンスを
                  飾ったのも、彼を置いて他に無い。
                  競ってハンドルを投げることの多いスプリントの中で、ゴールラインを
                  くぐると同時に両手を掲げ、笑顔を見せ、差の大きくついた時には
                  後ろを振り返るほどの余裕も見せた。
                  厳しい競争と、エンターテイメントの両立。
                  スーパーマリオ、ライオンキングと呼ばれた所以だろう。

                  ナショナルチャンピオンジャージや、各賞ジャージを手に入れたときには、
                  レーサーパンツ、ヘルメットにグローブ、
                  時に自転車までも色合わせをして、
                  罰金を払いながら走ることもマリオがスタンダードにしてしまった。

                  17シーズンの勝利数は189、ツールの4区間連続勝利、
                  ジロ区間優勝42、ミラノ〜サンレモ、世界選手権・・・。
                  記録で彼を上回る選手はいずれ出るのかもしれない。
                  しかしスプリンターを語る時に、
                  彼の名前が出なくなることはありえないだろう。
                  Grazie, Cipo!

                  Just Bring It!

                  0
                    4月になると、通勤経路に自転車が増える。
                    以前に比べるとMTBよりはクロスやロードが増えたように思う。

                    で、まあ軽く絡まれたりする訳だ。
                    と言ってもカツアゲされたりする方じゃなく。

                    こっちを追い抜こうとムキなってついてきて、
                    信号で並んだら何かハァハァ言ってる(笑)
                    ギアを見るとフロントアウター、リアはトップから3段以内だったりして。
                    青になったら、ダッシュのつもりなんだろうな、
                    けどケイデンス60切りそうだ(苦笑)
                    そういうのは大概フラペでザック背負って、ノーヘルだ。

                    気持ちはわかる。新しい自転車で颯爽と走ってる時に
                    前に同じようなのがいたら、ブッちぎってみたいよな。
                    でもよく見ろよ。こっちはメット被って、靴はレーシングシューズだ。
                    4月に半パンで脚剃ってあんだぞ。
                    真っ当な大人はこんな格好で通勤しないぞ。

                    で、ちょっと登り気味になったら、容赦なく振り切る。
                    大人げないが、自転車のポテンシャルってやつを
                    知らしめてやらないと。折角の新車が泣いてるぜ。

                    なんて大口叩いてみたが、先日帰り道でセキヤ
                    兄さんに颯爽と振り切られたりして
                    まだまだ、僕も自転車のポテンシャル引き出せてない。


                    calendar

                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    25262728293031
                    << August 2019 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • You Look so Good to Me
                      tmtbt
                    • You Look so Good to Me
                      rsk_idr
                    • Walking is Succession of Falls
                      tmtbt
                    • Walking is Succession of Falls
                      rsk_idr
                    • No Turning Back
                      tmtbt
                    • No Turning Back
                      rsk_idr
                    • Who Hesitates is Lost
                      RSK_IDR
                    • Under the Knife
                      tmtbt
                    • Under the Knife
                      RSK_IDR
                    • Bad to Worse
                      tmtbt

                    links

                    profile

                    書いた記事数:279 最後に更新した日:2008/05/13

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM