Making Painful Statements

0
    サイクルモードのトピックと言えば。
    シマノブースに展示されていた、スポンサーチームの実車の数々。
    7850デュラのホイールだとか、
    PROのハンドルバーだとかをプロモーションする為のなんだろうけど、
    目を奪われたのはコイツ。



    O.フレイレの自転車。

    以前も書いたが、年代や背丈もほぼ同じのフレイレには
    チポッリーニやツァベルへの憧れとも、
    マキュアンやペタッキへの羨望とも違う思いがある。
    そんな選手の実車が目の前に!それこそ舐めるように見ましたとも。
    サドル高は実に普通。DNAの違いを鑑みても、跨がれる程度。
    身長や股下から計算できる範囲は超えない、実に常識的なセッティング。



    ただし、トップは長い。これは市販のジオメトリじゃないよな。
    畏れながら自分の自転車の見栄っ張りなセッティングと比べても、
    ハンドルバー1本から1本半くらいは遠い。
    ステム長からいくと、
    フレームトップ長は535か540はあるんじゃなかろうか。
    誰か実測した人いないかしら。

    ハンドル落差もスプリンターにしては普通すぎる。
    身長や腕の長さを差っ引いても
    チポやペタのセッティングはゴールスプリント専用なんだろう。
    フレイレの引き出しの多さ(シチュエーション次第では逃げをうったり、
    ロングスプリントも単独でこなす)はこの辺がツボか?

    切なかったのはこのサドル。



    「オスカル…!」とアンドレばりに絶句してしまった。

    いや、別に穴空きサドルを否定する訳じゃないけれど。
    都合3シーズンに渡ってデキモノに悩まされてきたフレイレ。
    辿り着いた先はこれか…。
    プロは結果が全て、サドルは自分に合うものが正義、
    とは云っても、スタイルの好みもあるだろうに。
    これを使わなければならない程なのか、辛ぇなぁ。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • You Look so Good to Me
      tmtbt
    • You Look so Good to Me
      rsk_idr
    • Walking is Succession of Falls
      tmtbt
    • Walking is Succession of Falls
      rsk_idr
    • No Turning Back
      tmtbt
    • No Turning Back
      rsk_idr
    • Who Hesitates is Lost
      RSK_IDR
    • Under the Knife
      tmtbt
    • Under the Knife
      RSK_IDR
    • Bad to Worse
      tmtbt

    links

    profile

    書いた記事数:279 最後に更新した日:2008/05/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM