Has He Made His Decision?

0
    久々に1日中走り回った。

    かなり弱まったと思っていたが、主要コースのタイムは変わらず。
    まあ、空いていた分を差っ引いても一割減て感じなのか。
    と、言う事はゴリゴリに乗っていたつもりの時期も
    大して上積み出来ていなかったのか。ちぇっ。

    それでも体感的にはギヤは1〜2枚軽くないと回らない。
    回転数は出るがトルクは出なくなっているのか、それとも
    より回転型に傾きつつあるのか。
    となると、通勤の乗り方も少し変えないといけないのか、
    何となくトルク重視で乗っていたのだけど。
    それともその結果としての回転型の脚なのか?
    練習回数が少なすぎて良く分からんな、ま、速けりゃ何でもいいけど。

    空いているながらもコースには自転車乗りはチラホラ、
    皆さん練習熱心ですな。
    改めて、大体の見た目が速さを表しているのが面白い。

    まず痩せてないと遅い。
    まれにそうでない人も居るが、そんな人も脚だけは十分に細い。

    服装も然り。ただし私服で偽装してる人や、通勤仕様の人もいるので
    ジャージの着こなしに関して。
    何故かダブダブに着る人が居る。タイトな着こなしに抵抗があるのか、
    ウエスト周りに自信が無いのか。
    しかしそれでは風を受けるばかりだ。やはりタイトに着るべきだし
    それが出来るべく体型に気をつかうべきだと思う。

    後は適正な回転数だ。ギヤ比は強さで変わるし。
    何故遅い人ほど重いギヤを踏みたがるんだろう。
    速い人ほどクルクルと軽く回せている事は、
    視覚的に最も分かり易い部分だと思うんだけどなあ。

    実際、最近知り合った初心者の人も最初は「最高速をもっと」とか
    言ってたのに近頃は「速い人ってたくさん脚回してんだよね〜」と
    軽いギヤ板に取り替えたがってるくらいだ。
    速く走りたければ当然の帰結にもかかわらず、
    やっぱり僕等の知らないところで
    "アウタートップ教"が布教されているのか?

    好き勝手に思いながらも、当面は自分が強まることが優先だ。
    弱い人は無慈悲に振り切り、強い人には無理して付かない。
    雌伏の時期はもうしばらく続くな。

    当面の目標は、通勤経路の決まった場所で必ず僕を抜いていく
    「大根」乗りの人に張り合える位に強まるぞ。
    全くのエリア違いなのでまさかとは思うがチームの人じゃないよなぁ。
    だとしたら張り合うなんて高望み過ぎるし。
    ん〜、でもそれはそれで練習になる…と良いねぇ。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • You Look so Good to Me
      tmtbt
    • You Look so Good to Me
      rsk_idr
    • Walking is Succession of Falls
      tmtbt
    • Walking is Succession of Falls
      rsk_idr
    • No Turning Back
      tmtbt
    • No Turning Back
      rsk_idr
    • Who Hesitates is Lost
      RSK_IDR
    • Under the Knife
      tmtbt
    • Under the Knife
      RSK_IDR
    • Bad to Worse
      tmtbt

    links

    profile

    書いた記事数:279 最後に更新した日:2008/05/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM