He who is Mighty Conquers Himself

0
    さてさて、塩原2日目。
    エースの気配りで、名産品や自然の滋味は口にする事無く過ごし、
    目覚めもさわやか、体調もいい。
    涼しいので靴上を履いて、リーダーと合流、スタート地点へ。

    昨日競った方や、年間ポイントが近い人と方針を話したりする。
    皆大人なので、ティーンにやられるなら仕方なしとなった。
    まあ黙って譲ったりする気はないですが。

    今回は、アンカーのチーム参加はないので、
    前半に引き回されたりする事も、
    それで火が点いちゃったりする人も無く、落ち着いてスタート。
    ところが皆ローテーションより位置取りに夢中。
    いいじゃん、どうせ始まったらバラけるんだからと、
    数人で前を抑えたり、下がったりして楽をする。
    ティーンは我慢の限界っぽかったが、
    若いんだから自分でどうにかせい、と放置。
    先導バイクと何やら話していたが、
    ペースアップは却下されたようで何より。
    登りに入り、皆のセンサー音を号砲代わりに本格スタート。

    いきなりエースと棟梁を発見!
    意気がってアウターに掛かったまま抜いてみた。
    クラス内では前に5人位居るが、
    さすがにそれで逃げ切りは無い、と踏んで見える範囲で追う。
    公園を過ぎて、さすがに先頭に1コーナー開けられて焦りだすも、
    それを踏張る脚があるのか怪しい。
    残りは昨日と同じコース、先行に心乱されても、
    追い付く可能性はハッキリ言って低い。
    残念ながら守る走りに切り替える。
    時折前からこぼれてくるが、あきらめた他クラスばかり。
    しかもkm毎の時計は昨日より2〜4秒ずつ遅れてくる。
    歯をくいしばって立ち上がるもスピードは上がらず。

    あげくゴールで一人差されてジ・エンド。
    一桁ながらも入賞は逃した。巧くいかないもんだ。
    当然閉会式の抽選もナッシング。
    フレームビルダーが小径車を当てるという勝者総取りの厳しさ。
    今年のレースカレンダーも僅か。シクロクロスにも行かなきゃダメ?

    He who is Strong Conquers Others

    0
      大好きな山が待っている。
      出来れば強制昇級とか、閉会式での景品とかも待ってて欲しい。
      と、今シーズン1番のモチベーションで挑んだ塩原温泉ヒルクライム。

      この意気込みの具体策として、
      まず前日にリーダーにモーニングコールを依頼(笑)
      しかしそれに先んじて起床!すごいやる気だ、我ながら。

      さらに遡ってはエースに決戦ホイールの借り受けを約束。
      エースは今夏、炭素繊維を主原料とする
      新型決戦用車輪を投入したので、
      贅沢にもキシリウムESが2軍降格していたのだ。
      ショップの悪戯で、赤スポークが2本着けられていて
      パチモン臭いのは気にしない事にする。
      そして、目標は打倒棟梁。引導を渡してやる位の心持ち。

      ちょびっとローラー台回して、淡々と支度を済ませスタートへ。
      裏エースが職場の知り合いに出くわすというエピソードも華麗にスルー。
      初日は8kmTTで、後半はkm毎にコースにラインがついている。
      なので目標タイムからラップを決めておく。
      これを上回る分には、例え抜かれても慌てない。
      ただし、抜かれた人と無理に張り合うのではなく、
      他の人を抜いて、結果抜いた数が多くなるようにする、とも決めておく。

      明らかにハリ・ツヤが違うティーンや、
      CSCでは会わない登りオンリーな人に抜かれるが、
      慌てず騒がず他を抜いて帳尻合わせ。

      タイムはともかく、先行するクラスからこぼれた人も抜いて気をよくする。
      順調にタイムをこなしてゴールするも、入賞はならず。
      エースに2分半、棟梁に3分強のタイム差を付けることが出来て
      目標は達成するも、Wクラスのトップに負けてちゃあダメだった。

      明日はマスド形式で麓からレース。
      パレードであっても所詮アマチュア、登るまでになるべく楽をしないと。

      Turning Point

      0
        何年ぶりですかね、このコース。
        JCRC7戦目、修善寺のCSCでレース。

        日本CSCはどうにも苦手意識ばかりが先に立って、
        とりあえず、「チームメイトの英国紳士を牽いて行く」
        と言う事にして、他クラスのメンバーからの叱責を避けるべく
        画策していたのだけど。

        スタートして気が付いた、今日は逆周りだ!
        となれば、裏はずっと登れるじゃないか。
        それどころかホームストレートだって登り気味。
        こりゃあいいや、とノンビリ下る。
        登り返してすぐにグループに復帰、紳士をすぐに見つけて前に付く。

        ただ真っ直ぐに登るだけ、見晴らしもいいので実に気持ちいい。
        先に何人か見えたが、裏でつかまえる確信が湧いて、落ち着いて進む。
        相変わらずの下り下手だが、それでも群馬に比べれば
        サーキットばりの広さだ。適当に先行させられる。
        裏の登りで5人つかまえて、下りで3人逃がしていく感じ。

        こんな落ち着いてレース出来るのは初めてかも。
        楽しくて仕方ない。気が付けば紳士は居なかった、すまんかった。

        もっとも先行する人数を見誤って、
        最後に逃がした人が入賞していた。
        あちゃ〜、これがレースの「たられば」かぁ、と後悔するも
        それこそ正しくレースが出来た証拠でもある訳だし、
        入賞は逃したものの、次は塩原。
        大好物の山岳TTと登りゴールの全部乗せ。

        景気良く、強制昇級を狙っていこう。

        Mayhem to Milan

        0
          ジロが半分終わった。

          チマ・コッピも含めて山岳ステージは3つ過ぎ、
          昨日12ステージを終えてトップはD.ディルーカ、
          D.クネゴが6位、8位にG.シモーニ、
          2000年マリアローザのS.ガルゼッリは13位、
          "イル・ファルコ"サヴォルデッリが8'16遅れの15位と
          まだまだ総合争いは続く。

          スプリント対決はペタッキとマキュアンが3対1、
          その隙にR.フォルスターとD.ナポリターノも華を魅せた。
          特筆すべきはナポリターノ。
          昨シーズン、ペタッキがバスを殴って手を折る原因となった諍いの張本人。
          斜行でぺタッキのラインを塞いだのが理由だったらしく
          プロとは言っても小結クラスと思われていた。いたが…、
          今回はガッツポーズで手を上げる際にマキュアンの頭をはたく、と云う
          見事なまでのズッコケぶりを披露。
          東西横綱を向こうに回して、これは金星としていいんじゃないか?

          さて、今日は12kmの山岳タイムトライアル。
          ガルゼッリとシモーニはここで取りこぼすことは出来ない。
          一方ディルーカは、ここで踏みとどまれればミラノが見えてくる。
          サヴォもここで遅れては得意のダウンヒルも活きてこない。

          昨年のチャンプ、I.バッソが出ない為に
          盛り上がりを疑う意見もあった今年のジロだが
          どうしてどうして、群雄割拠はやはり見応え十分。
          教科書だって物語だって、巨大帝国が安泰ではつまらない。


          Checks and Balances

          0
            おかげさまで忙しい。
            何たって今季まだ一つもレースにエントリーしていない。
            今月中に一本と思っていたが、この調子だと7月にずれ込みそう。
            通勤ばかりでタイヤ代がケチれているのがせめてもの救い。

            で、春のクラシックがあらかた終わってしまっている。
            残るはアムステルゴールドと、L〜B〜Lか。
            ついでにMTBの春のクラシック、シーオッターも終わっている。
            春は短い。

            ミラノ〜サンレモはフレイレ2度目の勝利。
            辛うじてフレチャとヘースウェイクが付いてくれてはいたようだが、
            結局ミルラムトレインとマキュアン、ボーネン、オグレディなどに
            美味く挟んでもらったようで、CNの"Oscar the Cat"の見出しは
            実に的を射ていると思う。というか、怪我と好調の不思議な反復は
            チェシャ猫と呼ぶべきレベルかと思うけど。

            パリ〜ルーべはオグレディ。
            スプリンターがルーラーに変化か?と書く人が多かったが、
            もともと列車に牽かれるより、逃げ気味に場面を組み立てる
            スプリンターであるし、ステージレースを完走できるだけの
            融通の利く脚は十分に持っている選手だった。
            フランドルと比べるまでもなく平坦なパリ〜ルーべでは、
            一つ一つのパヴェ区間をスプリントゴールと仮定して
            その繰り返しのステージレースとするならば
            オグレディの勝利はフロックではないと思う。
            上位選手の顔ぶれを見ても、山も行ける逃げ屋は居ないし。

            シーオッターはスーパーDに、J.ベネキの名前があって驚いた。
            1993年のワールドカップDHチャンプだ。まだ現役だったのか!
            所属チームのクレジットも無いし、表彰台でも私服だ。
            プライベート参戦なのか?調べる暇あるかしら。

            Mouthing Off

            0
              最終戦に行ってきた。
              チームTTは2軍チームが組めず、1軍のみだったので
              僕は2時間エンデューロのみ。

              昇級ポイントも無いので「ノンビリ行くさ、怪我さえしなきゃ」と
              気ぃ緩みっぱなしでいたら、試走で転んだ(笑)
              ボテッ、っと効果音が付く感じで。
              いくら何でも恥ずかしかったな、
              アンカーの藤野監督に思いっきり見られちゃったし。

              ま、体にも自転車にもダメージは無かったので
              慌てて取り繕ってスタート。
              ん〜、やっぱ前の方は速いなあ。
              チームOBとドS店長が引いてるが、ちょっとも御相伴叶わず。
              ボチボチ付き易そうな人を拾いつつ淡々と。

              ところが1周毎に激励とも罵声とも付かぬ声が聞こえる。
              応援の為、だけ(!)に100kmを自走してきたモデル氏と隊長だ。
              若輩としては応えた走りを見せたいが、これこそ力不足ってヤツだ。
              しかも予想外の好天で暑い…。

              丁度半分終えた辺りで、後ろから落車の音。
              振り返るとチームのベテラン氏がスリップダウン。
              走り慣れた人なので、必要以上の心配は不要だが
              コーナー出口なので、貰い事故になってはまずい。
              引き返して、手前で手を上げる。
              驚いた人が居たら済まなかったが、ライン上ではなかっただろうから
              ご容赦いただきたい。
              当人は立派な擦過傷を拵えつつも、完走する気満々なので
              無事にスピードが戻るまで、護衛にしゃしゃり出させてもらった。
              役に立ったかどうか、の真偽は今度聞こう。

              何やらその後、別メンバーも貰い事故をやっちゃったらしいが
              怪我も無く、皆無事に完走。
              僕はブービーでなかったのでよしとしよう。

              各順位に景品が付くという大盤振る舞いで、
              ビールに蕎麦を頂いた。呑まないんだけどねぇ。
              関係者各位、今すぐ連絡を頂くと、ビール振る舞います。
              そしてまたもやチームアンカーのTシャツを頂く。
              一体今年だけで何枚配ったんだろ?売り物だよねぇ、本当は。

              チームバン改めエキップアサダも人気だが、
              モノに吊られたり、レースで引いてもらったり、振り切られたり、
              そんな趣味は無い筈だけれど、若い選手達の
              フレンドリーさに「ウホッ!」となりかけたり、
              いやあ、国内チームなら断然アンカーですな(笑)
              一押しは相川選手ですよ、女性ファンの方々。

              On the Same Page?

              0
                ツール・ド・おきなわ130km、DNF。

                結局、関門で見渡してみれば
                JCRCをはじめ今シーズンのレースで
                同じようなクラス、同じような順位で見た顔に何人も会ってしまい、
                練習やレース勘以前に地脚がまだまだ不足していたことを痛感。

                同時に、そういった普段競ってきた面々が
                80kmや50kmでは完走、或いは好順位を収めた事を聞くにつけ、
                来年はクラス変更や、そもそも沖縄を組み込まない
                レースカレンダーを組むべきかと、悩み中。
                まあ、このショックが癒えたら
                性懲りも無くエントリーするかも知れないが。

                取りあえずはシーズン終了。
                幾つかレースは残っているけれど、もう寒くなる事だし、
                真面目にはやるが、消化試合の気分があることも確かで。

                いよいよ寒くなったら旅情派かなあ。
                ほとんどやったこと無いけれど「旨いもの食べに長距離サイクリング」
                というのは面白いのかね?
                難点は、猫舌なので暖かいものとか要らないんだよ、鍋ものとか。

                Even Good Guys, Do Bad Things

                0
                  塩原のヒルクライムに行ってきた。
                  JCRC主催なので、ヒルクライムとは言っても富士や乗鞍と違い
                  1位から最下位まで、誰もがレースをしに来ているのがいい。

                  参加者も200人強と、レースをやるには丁度いい人数。
                  これで片側規制とは言え、公道も走らせてくれるのだから
                  レースとしても、イベントとしても文句無しだ。

                  初日のITTでは、ブリヂストン・アンカーの選手が各クラスの最後尾に付いて
                  精神的に煽ってくれる豪華特典が!
                  いや、まさか逃げ切れるとは思ってないよ、
                  「何km地点で追い抜かれるか、如何にそれを遅らせられるか」
                  これだろ、やっぱり。
                  で、8km中4km辺りで抜かれた。しかもゴールタイム差は6分って…。
                  一回りも年下の艶々した脚に、実力以外でも打ちひしがれた感じ。
                  しかし結果は、予想外の好成績。表彰台じゃなかったが、
                  やっぱり登りだけならどうとでもなるな。
                  これならもうひと踏みすれば良かったが、
                  レースにたらればは無いんだよな。


                  2日目は11kmのふもとコースを加えて、19kmのレース。
                  今度はアンカーの選手は先頭に付いて、
                  パレードスタートとは名ばかりの「着火&引き回し」をしてくれる。
                  しかもこれが絶妙。ここでやったら盛り上がっちゃうだろ、と
                  誰もが思うタイミングでギヤを掛けてくる。
                  さすがプロ、外しは無しか。でもそれが一番きついんだよ。

                  ふもとは温泉街で、微妙にアップダウンを繰り返す。
                  旅館やホテルの人達が玄関先に出て、声援を送ってくれる。
                  女性の声援が多いのはありがたいが、
                  この声援が黄色かったのは、30年は前かと思われるのが惜しい(笑)
                  宇都宮、沖縄以外ではこんなに観客が声掛けてくれた事ないなあ。
                  草津とか、鳥海山とかは賑やからしいけど。

                  最終的に登るんだから余裕だぜ、と集団の後ろに付いたが
                  いくら登れたとしても、そこまでに擦り減っちゃあ意味無いよな。
                  登りで何人かは抜いたが、それでも昨日の順位に及ばない。
                  2日間の合計では4位下げて終了。

                  まあ、それでも、自分の見せ場はやはり登りでしかない事を再確認。
                  後ひと月、レース予定は無いのでしっかりと山を走っていくかな。
                  歯医者の時間までに戻らなきゃならないから
                  それでアベレージ上がったりするとお得だが。

                  Bound for Glory

                  0
                    やっぱり、ハマると強いなイタリアは。
                    そしてP.ベッティーニが遂に念願のワールドチャンピオンの座を射止めた。

                    彼のプロフィールは、ロードレースに明るい人なら
                    今更語るべくも無いが。
                    MG-テクノジム、アシックス、マペイと3チームに渡って
                    バルトリの忠実なアシストとして働き、バルトリのゴールシーンには、
                    ベッティーニの姿がしばしば映りこんでいた。
                    譲り渡される形ではあったが、マペイのエースになったパオロは
                    ワールドカップ総合3連覇やオリンピックのゴールドメダル獲得を果たして
                    その実力を証明して、チームの大看板となった。

                    彼は多分、永らくロードレース界で伝えられ、守られてきた
                    「強いアシストが次の強いエースに成る」
                    という、旧きよき上下関係を体現する最後の世代の選手であるのだろう。

                    さて、世界選はレースの性質上、アタックと潰し合いに耐え抜く、
                    或いはやり過ごした選手が勝ち残る展開が多いが。
                    ベッティーニの脚質と経験は、そういった展開を得意としているし
                    ディルーカ、パオリーニ、レベッリンらイタリアチームの僚友が、
                    欲をかかずにベッティーニの温存に努めていたのが、

                    ポッツァート、ヴェーロがペタッキに付いてしまい
                    中盤からアシスト無しで走らねばならなかった昨年と、
                    最も大きく違う点であろう。
                    特にディルーカが終始アシストに回っていたのは大きかった。
                    ベッティーニにとってはペタッキの怪我は
                    結果として朗報になったのか。

                    パオロとダニロのダブルエースが仇でイタリア沈没、と言うストーリーは
                    バルベルデなどは特に望むところであったろうし、
                    ザベルなどは理想的にスプリント出来た筈、と悔やんでいることだろう。


                    で、来シーズンだが。
                    まあ、アルカンシェルが呪うかどうかは大したトピックにはなるまい。
                    何たって興味深いのは
                    「ベッティーニは来年何色に着飾るんだ?」
                    この一点に尽きるんじゃないか。

                    オリンピックウィナーのゴールド。
                    ワールドチャンプのアルカンシェル。
                    何だったらイタリアントリコロールも加えちゃったりして。

                    今まで通りなら金色のヘルメットにシューズで、
                    自転車にアルカンシェルをあしらうんだろうけど。

                    まさか金色の地に5本線のフレーム?
                    下品だなあ。
                    全部アルカンシェルで、金髪に染める?
                    金色の部分、少なすぎ(笑)

                    イタリア人なのにどうしてダンディーさが想像出来ないんだ、この人は。
                    頼むよ、来年はリザルトだけでなく見た目でも唸らせてくれよ。

                    One More Left in Him?

                    0
                      そりゃあ、僕はネイティブじゃないし。
                      リアルで喋る時は結構腰が引けるけどさ。
                      いやでも、読む位は何とかなると思ってる訳で。
                      しかしこれはさすがに自分の英語力を心底疑った。

                      ペタッキ、手を砕く

                      頼む、僕の読解は間違ってると誰か言ってくれ!

                      ランプレのナポリターノがスプリントで走路妨害したと。
                      で、審判にも抗議したが聞き入れられず、
                      せめて本人にひと言文句を言おうとチームバスへ行き、
                      バスを殴ったら右手が折れちゃった、だって。

                      おかしいなあ、
                      アレッサンドロはイタリア人でさ、
                      伊達の決まるいかしたスプリンターだと思ってたんだけどな。
                      ジロで膝をやっちゃったのは
                      ちょっとしたアクシデントと不運の交差であって、
                      決して彼自身の性格やら人間性を疑わせるものではなかったんだけどな。

                      そんな愉快な点火方式、どこのテキサンだよ。
                      それともアラバマ式シバキか?
                      そんなの見たけりゃ、自転車レースじゃなくECWを観るよ。

                      まあ折れたものは仕方ない。
                      来シーズンまでしっかり療養し、反省してくれればいいが。

                      ん〜、フレイレもペタッキも出ない世界選か…。
                      まあ今年のコースプロファイルなら、スプリンターよりはワンデー向きの
                      オールラウンダーが出てくるんだろうけど。
                      ペタッキが引くベッティーニもしくはディルーカとか、
                      バルベルデとフレイレ、2枚看板のスペインチームとか、
                      観たかったねえ。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • You Look so Good to Me
                        tmtbt
                      • You Look so Good to Me
                        rsk_idr
                      • Walking is Succession of Falls
                        tmtbt
                      • Walking is Succession of Falls
                        rsk_idr
                      • No Turning Back
                        tmtbt
                      • No Turning Back
                        rsk_idr
                      • Who Hesitates is Lost
                        RSK_IDR
                      • Under the Knife
                        tmtbt
                      • Under the Knife
                        RSK_IDR
                      • Bad to Worse
                        tmtbt

                      links

                      profile

                      書いた記事数:279 最後に更新した日:2008/05/13

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM