Twice Bitten

0
    ハンドルに、スーパーオーバーと云われる
    クランプ径が定番化してどれ位経つかな。5年は過ぎたか。

    カーボン製品が増えたのも理由なのは周知の通りか。

    さて、遅ればせながら導入してみた。
    DEDAのNewton31ステムとハンドル。
    今までもDEDAのNewton26と215アナトミックを使っていたので、
    単純にクランプ径の違いのみ。
    重量や剛性は変わらないというか、解らないというか。

    以前雑誌でたわみは変わらないと書かれていた事もあったし、
    カーボンなら却って重量微増になるモデルもある。
    が、仮にメーカーの売らんかな戦略だとしても、
    すっかり定着したからには…とも思う。

    長所はハンドルのセンター部分を持っても細くないので、
    バーテープと同じ感覚で「握れる」と言う事。

    短所は…「見た目」という人も居るが、使ってみるとそうでもない。
    ステムのデザインにも依るんじゃないかと。
    切削で絞られた形状なら、さほど違和感はないし、

    それを言ったら昨今のフレームのパイプ径はどうか、となってしまう。
    敢えて短所とするなら、シクロクロスで補助レバーが欲しい時に、
    絞りの急なハンドルだと、取り付け位置が制限されてしまう。

    それにしたって、ステム付け出来るサイコンも増えたし、
    ライトも融通の利く商品は多い。

    今回の自分の様に、継続したシリーズで、
    クランプ径だけ変えてみる人は多くはないと思うが、
    カーボン化や、話題の新モデルを試す時に、
    食わず嫌いにする理由は、どうやら無さそうだ。

    ちなみにゼロ100にしなかったのは、
    あそこまでイタリア人に切削されるのは、ちょっと怖い
    と言う食わず嫌いだっただけだが。

    The Time is Now!

    0
      新車を投入。
      新古車ではあるが、何と5年振り。我ながら物持ちいいなぁ。

      その前は事故で2ヶ月だったけど(笑)

      これで通勤号と決戦号に使い分けて、それぞれ酷使する事が出来る。

      カーボンフレームは2台目になるが、その進化には只々驚くばかり。
      なにしろ設計には10年は隔たりがあるのだから。

      通勤号になった先代は、フルカーボンの先駆の一つに数えられ、
      プロレースでも華々しい戦績を残したモデル。
      内ラグで軽量化を図りながらも、
      コラムやエンドにはスタンダードなスタイルのアルミを使い、
      軽さや速さより、タフさが前面に出ていた。
      乗り心地もアルミフレームで上を行くものも多い位で、

      テキサス産ガラガラ蛇が2シーズン使ったというのも納得できた。

      但し、タフさが全て乗り心地に出ていた訳ではなく、
      カーボンだからこそ、タフに造れたという事なのだろう。
      BBがオフセットしているのも好みがはっきり分かれる所だった。
      ポジション出しには苦労させられたし。


      他方、新しく仕立てた決戦号は外ラグで繋いだ保守的な設計だが、
      VHMカーボンを使って軽さと強さを出している。
      なので乗り心地はとても自然で、
      古いと言っても言い過ぎで無い位だが、まさにロードレーサーのそれ。
      しかも通勤号よりピッタリ1kg軽い。

      これまたフレンチパンダがチームを移籍してまで
      乗りたがったブランドとの逸話に頷くばかり。

      ピラーレスが既に2型カタログに上乗せされているが、
      金額とフォークの軽さを考えれば、文句なし。

      ポジションは弄らずに乗り換えられる筈…だったが、
      トップ長を確保できるフレームサイズに油断して、
      ハンドル高がやや上がってしまった。
      ヘッド長とヘッドパーツのキャップを足した分の計算が杜撰だった。

      ポジティブに考えれば、
      シッティングで登るのが楽なポジションになったって事で。
      73°ステムに換える余地もあるし。

      ついでに初めてのスーパーオーバーサイズのハンドルとステム。
      ニュートンが26から31になっただけだが。
      上ハン持つ時にテープ部との段差が少ないのはいいかも。

      さてさて、新車でどれ程自分に鞭を入れられるか。
      分を弁えたつもりで85kmを予定している今年の沖縄で、
      少し位はいい所見せないとなぁ。

      Dominant Expressions

      0
        ふと見ると、サドルがボロくなっていた。
        表皮も擦り切れちゃっててこれは乗り心地に響く。
        という事で早速買ってきた。

        相変わらずのASPIDE、どノーマル。
        同じ物が売ってる内は、特に替える理由は思いつかない。
        この先、廃版になったとしたら
        取り敢えずはストックのコンコールを使いながら考えるんだろうなあ。

        幸か不幸か、尻に合うサドルが無くて難儀した経験が無い。
        とっかえひっかえしている人は、
        経済的にも精神的にもきつかろうと思うのだが。

        「合うサドルが無い」と言っている人の話を聞く度思うのだけど
        どうなれば尻に合っていると言えるのだろう?
        速く走れればいいのか、痛くならなければいいのか。

        痛くならないサドル、と簡単に口にするけれど
        100km乗って何の影響も無いサドルなんて果たしてあるのだろうか。

        どんなに馴染んだサドルだって、
        100kmも乗れば疲れる。150kmで座り飽きる。
        200km乗ったら、流石に何処も痛くないと言うわけにはいかない。
        だって単純に長時間の運動なのだから、
        疲れや痛みは何かしら伴うものだと思う。

        尻に合うサドルと言うのは
        それを最小限に抑える、あるいは気にせずに走れるレベルに留める、
        その位でも十分だと思うのだが。
        どうも痛くならない=ダメージ0、みたいな理想を求めすぎて
        妥協点を見逃してる人も居るんじゃないかと。
        ポジションとの相性もあるだろうし。

        以前も書いたが、ロールスかリーガル、ターボなんかの
        クラシックモデルで100km以上走ってみればいい。
        そうすれば大概のサドルはラグジュアリーモデルだ。

        しかもそういった古臭い、硬いサドルを
        選ぶ選手が多い理由を考えてみれば、
        そんなに片っ端からサドルを試さなくても済むような気がするのだが。

        No Turning Back

        0
          さて、世間では大型連休とか言うものがあったようですが。
          僕には関係の無いことですな。
          そういや、先週は地方ナンバーの下手っぴいな車が多かった。
          片側3車線の道とか、見たこと無いんだろうねぇ。邪魔だったよ、本当に。

          通勤距離が伸びたにもかかわらず、
          「所詮は通勤」と侮っていたのでパンクしました。
          往路です。ええ、もちろん遅刻です。
          ガッカリしながら昼休みにタイヤを再チェック。
          ここ何年もvittoriaのCXを使い続けていたが。
          ああ、完全にトップが平たくなってる(泣)
          そうだよ、1000〜1500kmで換えてたタイヤをダラダラと通勤で使ったら
          こうなる事は予想出来ただろうに。まだまだ未熟だ。

          ということでタイヤを替えた。面倒なので安いヤツ。
          パナのstradius elite lite。この値段でこの軽さなら、
          ひと月保てばいいや。
          うーん、ビードが硬い。面倒臭い。vittoriaなら手で入るのに。
          これでパンクしたら遅刻どころか、休むしかないな(笑)
          その癖に、妙に乗り心地がフワフワしてる。
          これじゃあ、舗装状況が分かり難いなあ。値段相応か。

          いいタイヤは、路面状況を手や尻から確実に教えてくれる。
          それでいて、無駄な振動はしっかり抑えてくれる。
          ところが安いタイヤは、乗り心地を硬さだけでコントロールするので
          情報としての振動も殺してしまうし、変形量が大きくなるので
          踏み込んだ時のパワーも逃げてしまう。
          乗り心地の良さをタイヤに求めるのは、
          ソリッドな乗り物としてのロードレーサーには必要な事だが
          特長をスポイルするような選択はあまりしたくない。
          まあ、レースを意識して走らなければアリかもしれないが、
          個人的にはスポーツカーにバン用のタイヤを着けるようで好きじゃない。

          使った経験から言わせて貰えば、vittoriaならCORSAシリーズ、
          michelinならAXIAL(現Pro2)かCARBON(現KRYLION)、TUFOならCS3あたり、
          他のブランドを見渡しても、クリンチャーなら1本5000円、
          チューブラーなら8000円位は頑張って使いたいところ。

          安いの買っておいて何をのたまってやがる、て感じだが。
          ひと月ばかりインプレさせてもらおう。

          Woooooo!!

          0
            IYH…、

            したよ!ああ、したさ!いいじゃないか!
            欲しかったんだよ、16Tが。

            ただ、いつから使えるのか全く目処は立たず。
            社長に頼んじゃおうか。

            All Cats are Gray in the Dark

            0
              もう先週の話だが、
              雨男が突然訪ねて来てくれて。
              もちろん小雨交じりの中をやってきて、本降りにしやがったが。

              乗ってきたのが、件のシクロクロスバイク。
              いいねえ、RIDLEYか。
              結果としては、これがチームバイクになるのかね?

              で、何やらコンポにSRAMが付いている!
              これが噂のダブルタップコントロールですか。
              見せてもらおうか、新型の性能とやらを!
              と言う訳で、ほんの数百mだけだがいじらせてもらった。
              その感想としては、

              1.やっぱり操作の軽さではシマノに敵わない。
              2.シフトレバーが手前に動くのは、予想外にいい。
              3.シフトレバー周りがシンプルである良さ。
              4.モノとしての質感は、やっぱりSRAMらしさアリアリ。

              1に関しては、どうもディレイラー側に工夫の余地があるのではないかと。
              特にフロントはシマノに慣れてしまうと
              「ヨッコイショ」と言いながら変速したくなってしまうが。
              ただし、重い=変速しにくいという事ではないし、
              カンパが好きな人や、MTBのSRAMシフター、
              あるいは旧SACHSなどを使った事がある人なら、覚えのある感触かも。
              又聞きでは、非推奨ながらもシマノのディレーラーを動かせるらしいので、
              前だけデュラ、とかにしたら解決するのかな。
              当然、リアカセットもシマノで動くし、そのほうが軽い。
              90年代後半のMTBみたいなミックスコンポになるな(笑)

              2は、どうも「レバーが遠い」と言う前評判に囚われ過ぎてたかも。
              確かに小振りな造りとは言えないが、ブレーキレバーのアールが
              STIよりゆるやかな感じなので、合わせるハンドル形状や
              レバー位置によっては、STIより引き易い人も結構居そう。
              シフトレバーが手前に引ける、と言うよりグニグニと自在に動く感じも
              STIをガチッと回すのが遠く感じる人には試す価値あり。

              3は全く予想していなかったが。乗ってみて上から見ると、
              ワイヤーどころか、カンパのようにリリースレバーの出っ張りすらない。
              このシンプルさは、直接的には何の機能性も無いが
              モノとしての美観と、それが及ぼす、何と言うか
              「気持ちのストレスフリー」みたいな効果は、乗るほどにありそう。
              ブラケット形状が、丁度STIとエルゴの中間位なのも
              コンポ3択と言うことで、決して後発の不利は無いと思う。

              4は、もう完全に趣味の問題だけど。
              例えばMTB用のコンポ、X.Oを見て
              「モールドが甘い」「レバー形状が指に合いにくい」と思うか、
              「南蛮モノはこんなもの」「これが本場モノっぽい」と笑い飛ばせるか。
              それだけだが、これは一部に熱烈なファンを形成する予感も。

              レース機材として本当に通用するかは、
              来シーズンSRAM採用のサウニエルの筆頭、
              シモーニに見せてもらうとして(笑)
              アマチュアの「おもちゃ」としてはかなりいいぞ、SRAM。

              Divide and Conquer

              0
                久し振りにママチャリに乗った。
                ポジションは気にしつつも、ママチャリはママチャリ。
                せいぜいがサドル高を気にする位だが。

                何故こんなに回転に違和感があるのか。
                油断してると、ペダルに土踏まず辺りをメインに乗せてしまっている。
                おいおい、ママチャリだからってバカにすんなよ、
                ちゃんと拇指球を意識しようぜ、と
                自分に言い聞かせるも、どうにも決まらない。

                こりゃ一体どうした事か、と
                脚が回る様子をを改めて見てみたりしていると。
                これって、実効シート角立ち過ぎてないか。
                クランク長が足りない所為もあるだろうか。

                クランクを地面と水平にした時に、
                膝下が垂直になるくらいサドルを引く
                (膝の表の、更に2センチ前位にペダル軸が来る)
                のが自分の好みなんだが。
                ママチャリだとペダル軸に膝裏の垂線が重なるくらいになっている。
                特にトップ長が長い訳でもないのに。

                周りを行く他のママチャリを見ても
                殆どが「前乗り」になっている。
                下手をすれば、サドル位置を前に出してまで
                体を前方に寄せてハンドルを支えている。
                重心がカゴにあるんじゃないかと思うほどだ。

                MTBの、特にジャンプ系の上半身の起きた、ハンドルの近いフォームや
                トライアスロンバイクやTTバイクの立ったシート角とも、
                運搬専用の自転車(新聞や郵便配達、豆腐屋なんかのアレ)とも違う、
                冷静に見ると非常に不安定なポジションだ。

                高速度域を捨て去るべくして捨て去ったママチャリからすれば
                スポーツバイクポジションの肩や腕の角度は、確かに不正解だが。
                前カゴに荷物を積んだときのハンドリングを重視して
                ヘッド角は立ててクイック感を出しているにも関わらず、
                フォークのオフセットで安定感をとろう、とは矛盾してはいないか。
                そのハンドリングを破綻無く行わせる為に
                シート角を立てて「踏みしめるような」ペダリングを
                強制するような設計は、あまりに独自すぎる乗り物にしてはいないか。

                荷物を積む前提がアンバランスなジオメトリーを生み出し、
                それを更に補う為にアンバランスなポジションを強制する。
                ママチャリ、と言う気軽さが、自転車が持つ
                本来のポテンシャルを感じ難いものにしてしまっているのではないかと。

                スポーツバイクを始めたばかりの人が
                前傾姿勢が慣れない、怖いと言う意見を出すのは
                上半身の問題だけでなく、ママチャリと比べて
                腰→尻→膝→ペダルにつながる角度の違いから来る「据わりの悪さ」を
                修正するメソッドにたどり着かないからなのか、と思う。

                結果、コラムスペーサーを積み上げ、サドルを前に出し、
                そのサドルをあまつさえ前下がりにして、
                踏み下ろすペダリングをしながら
                「尻が痛い」だの「膝が痛い」だの「肩がこる」だの言ったりしてる、
                不恰好な自転車乗りが作られ、
                そして乗る事を諦めてしまっていくのか。

                自転車が何処を走るのか、歩道か、車道か、という法制に関する
                最近の動きも気にはなるが、
                ママチャリ、という乗り物が溢れるこの国には
                そもそも本来あるべき「自転車」という乗り物に乗っている人は
                ごく僅かしか居ないのではないか、と
                とりとめなく連想した、数劼瞭残だった。

                Who Hesitates is Lost

                0
                  いや、やる気はあるんだよ、やる気は。
                  確かにもう雨は上がりつつあったさ。
                  でも今朝のしっとりとした、よく水飛沫の上がりそうな路面の濡れ方には
                  どうにも家を出る気が湧かなかった。

                  で、すっかり諦めてコーヒーなんぞすすっていたら、
                  おいおい、何か陽が差してきたぞ。
                  何て間が悪いんだ、後1時間早ければな。

                  こういう時は切り替えが肝心。
                  ここぞとばかりに自転車をいじることにして、
                  チェーン、ブレーキシュー、クリートを換える。

                  チェーンは1/4程も伸びていた。やっぱり季節毎には交換しないと駄目か。
                  ブレーキシューは減りこそ普通ながら、すっかり光沢が出る程に擦れていて、
                  ヤスリかけて延命するにもタッチが悪くて交換決定。

                  クリートも、まあ普通に季節交換てところで。

                  ああ、タイヤも替えたかったが。
                  今1セットしか無いストック使っちゃうと、ちょっと予算的にな…。
                  オキナワ後に、決戦ホイールとスワップ&ローテか。

                  で、馴染み出し乗りに午後から自転車屋巡り。
                  私服街乗りで、まあ〜、絡まれる絡まれる(笑)
                  久し振りに公道バトル3連戦とかやっちゃったよ。
                  へへっ、昼日中に街乗りしてるローディーも居るんだぜ、残念でした。

                  どうもクリートを換えたのにステップインの感触が悪い。
                  ペダルを良く見てみると、
                  あ〜、プラ板部分が減り切ってる〜。
                  SPD-SL唯一とも云える弱点だ。何で踏み面プラ板なんだろ。
                  来年からは金属になるようだが
                  羽のエースみたいに、カーボン板で埋めちゃおうか?

                  新品チェーンは気持ちいいなあ。
                  昨日は2人して、変な音立てながら変速したりしてたから
                  余計にそのスムーズさが体感できる。
                  ピカピカに掃除するのも楽しいけれど、ガッツリ汚れるほど乗ったなら、
                  その汚れも交換の目安にしていったほうがいいかも。

                  で、肝心の自転車屋巡りは、
                  冬服を物色するも、これぞ、と言うものは見つからず。
                  確かにまだ腕カバーだけで乗れるけど、
                  広くアパレルと言う意味で商品を考えたら
                  もう真冬のモノを見ておきたいんだけどな。
                  どうもスポーツ用品てのは流通にも季節感が薄いんだよ。
                  ま、客が未だに脚丸出しじゃあ、売る方も季節感湧きにくいんだろうがね。

                  Bite Me!

                  0
                    ふーん、ロッキーマウンテンのロードってBHが造ってんだ。
                    どうもカナダ人にしては小洒落たカーボンフレームだと思ったが。
                    フォークはコロンブスだけど、フレームはG-1?
                    て事は、シェラネバダを登るだけじゃなく、力一杯下ったりも出来るのか?
                    それとも前車がコケても、トマックばりのバニーホップで越えられる?
                    しかしブランドイメージってのはすごいな。
                    中身は同じでも、カエデ柄がペイントされてるってだけで
                    ヴィノクロフの登る姿とまるでシンクロしないねえ。
                    でもこれで素性がはっきりして、マウンテンバイク屋が片手間で
                    チューブつないでる訳じゃないのだから、こっちを買った方が渋いかも。


                    ベッティーニのワールドチャンプデビューとなった、
                    先週のチューリッヒチャンピオンシップ。
                    あちこちに写真が掲載されているが。
                    ほほう、ゴールドとアルカンシェルを斜めに塗り分けたのか。
                    意外と無難にまとめたな。金色の分量が多すぎず、
                    J.ムセーウのライオンヘルメットを思い出させるぜ…
                    と思ったら、ヘルメットの後ろにイタリアントリコロールかよっ!
                    「結構普通だ」と思って安心したら、これだよ。
                    自転車もピラーとシートチューブの後ろに金ライン入ってるし。
                    イタリア人はこれは“あり”なのか?

                    Kiss This!

                    0

                      ちょっといいじゃん、'07のジャイアントの色使い。

                      好みは人それぞれだろうが、ハイエンドだからといって
                      とにかくチームカラーにすれば良いわけでもない、と思うところもある。
                      もちろん「いい自転車・選手の自転車を買うのだからチームカラー」
                      という考え方にも賛同はする。
                      ただ、メーカーによってはそれを逆手にとって
                      中級以下のグレードでも“とりあえずチームカラーなら売れるだろ”
                      みたいな売り方しているところもあり、
                      それならシンプルなカラーリングで性能を見てくれとばかりの
                      このジャイアントの'07ラインアップは清清しい位だ。

                      もっともここ2、3年のグラフィック系は
                      欧米のメーカーに比べるとちょっと微妙、だった印象もあるので
                      余計にいい感じに見えるのかもしれない。
                      一部では結構カラーリングだけで叩かれちゃったりしてたし。

                      ONCEイエローや、
                      Tモバイルピンク、

                      MTBグローバルチームのスポンサーロゴだらけのエグいデザインも
                      個人的には嫌いじゃない、どころか好きなんだけどさ。

                      コスプレして遅いのは、本当に目も当てられないので
                      それなら地味色で渋く走る方が通っぽいかな、と。
                      これで速かったらそれこそ格好良いし。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • You Look so Good to Me
                        tmtbt
                      • You Look so Good to Me
                        rsk_idr
                      • Walking is Succession of Falls
                        tmtbt
                      • Walking is Succession of Falls
                        rsk_idr
                      • No Turning Back
                        tmtbt
                      • No Turning Back
                        rsk_idr
                      • Who Hesitates is Lost
                        RSK_IDR
                      • Under the Knife
                        tmtbt
                      • Under the Knife
                        RSK_IDR
                      • Bad to Worse
                        tmtbt

                      links

                      profile

                      書いた記事数:279 最後に更新した日:2008/05/13

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM