Twice Bitten

0
    ハンドルに、スーパーオーバーと云われる
    クランプ径が定番化してどれ位経つかな。5年は過ぎたか。

    カーボン製品が増えたのも理由なのは周知の通りか。

    さて、遅ればせながら導入してみた。
    DEDAのNewton31ステムとハンドル。
    今までもDEDAのNewton26と215アナトミックを使っていたので、
    単純にクランプ径の違いのみ。
    重量や剛性は変わらないというか、解らないというか。

    以前雑誌でたわみは変わらないと書かれていた事もあったし、
    カーボンなら却って重量微増になるモデルもある。
    が、仮にメーカーの売らんかな戦略だとしても、
    すっかり定着したからには…とも思う。

    長所はハンドルのセンター部分を持っても細くないので、
    バーテープと同じ感覚で「握れる」と言う事。

    短所は…「見た目」という人も居るが、使ってみるとそうでもない。
    ステムのデザインにも依るんじゃないかと。
    切削で絞られた形状なら、さほど違和感はないし、

    それを言ったら昨今のフレームのパイプ径はどうか、となってしまう。
    敢えて短所とするなら、シクロクロスで補助レバーが欲しい時に、
    絞りの急なハンドルだと、取り付け位置が制限されてしまう。

    それにしたって、ステム付け出来るサイコンも増えたし、
    ライトも融通の利く商品は多い。

    今回の自分の様に、継続したシリーズで、
    クランプ径だけ変えてみる人は多くはないと思うが、
    カーボン化や、話題の新モデルを試す時に、
    食わず嫌いにする理由は、どうやら無さそうだ。

    ちなみにゼロ100にしなかったのは、
    あそこまでイタリア人に切削されるのは、ちょっと怖い
    と言う食わず嫌いだっただけだが。

    The Time is Now!

    0
      新車を投入。
      新古車ではあるが、何と5年振り。我ながら物持ちいいなぁ。

      その前は事故で2ヶ月だったけど(笑)

      これで通勤号と決戦号に使い分けて、それぞれ酷使する事が出来る。

      カーボンフレームは2台目になるが、その進化には只々驚くばかり。
      なにしろ設計には10年は隔たりがあるのだから。

      通勤号になった先代は、フルカーボンの先駆の一つに数えられ、
      プロレースでも華々しい戦績を残したモデル。
      内ラグで軽量化を図りながらも、
      コラムやエンドにはスタンダードなスタイルのアルミを使い、
      軽さや速さより、タフさが前面に出ていた。
      乗り心地もアルミフレームで上を行くものも多い位で、

      テキサス産ガラガラ蛇が2シーズン使ったというのも納得できた。

      但し、タフさが全て乗り心地に出ていた訳ではなく、
      カーボンだからこそ、タフに造れたという事なのだろう。
      BBがオフセットしているのも好みがはっきり分かれる所だった。
      ポジション出しには苦労させられたし。


      他方、新しく仕立てた決戦号は外ラグで繋いだ保守的な設計だが、
      VHMカーボンを使って軽さと強さを出している。
      なので乗り心地はとても自然で、
      古いと言っても言い過ぎで無い位だが、まさにロードレーサーのそれ。
      しかも通勤号よりピッタリ1kg軽い。

      これまたフレンチパンダがチームを移籍してまで
      乗りたがったブランドとの逸話に頷くばかり。

      ピラーレスが既に2型カタログに上乗せされているが、
      金額とフォークの軽さを考えれば、文句なし。

      ポジションは弄らずに乗り換えられる筈…だったが、
      トップ長を確保できるフレームサイズに油断して、
      ハンドル高がやや上がってしまった。
      ヘッド長とヘッドパーツのキャップを足した分の計算が杜撰だった。

      ポジティブに考えれば、
      シッティングで登るのが楽なポジションになったって事で。
      73°ステムに換える余地もあるし。

      ついでに初めてのスーパーオーバーサイズのハンドルとステム。
      ニュートンが26から31になっただけだが。
      上ハン持つ時にテープ部との段差が少ないのはいいかも。

      さてさて、新車でどれ程自分に鞭を入れられるか。
      分を弁えたつもりで85kmを予定している今年の沖縄で、
      少し位はいい所見せないとなぁ。

      Hear ye, Hear ye

      0
        すっかりシーズンインしてる訳ですが。

        色々有って、乗ってはいたもののレースは今度の群馬CSCが今季初。
        それでも去年よりはマシか。

        脚も剃って、ウェイトコントロールも順調、
        後は然るべき強度とプログラムでトレーニングして、
        そしてレースをこなしていく、忙しい日々だ。

        もっとも、この時期にテーパーも作れていないと云う事は、
        丸々1ヶ月遅れているという事で、取り返すのは生半可ではいかない。

        で、貴重な休みを逃さずグルグル練へ。
        いやぁ、久し振りだ。大丈夫か?自分。
        脚に覚えのある面子はチャレンジロードに行ってるので、
        まろやかに進むかと思いきや。

        エースの抑えが甘く、トライアスリートと番長の重連機関車が炸裂。
        速度でも、強度でもなく、展開に置いていかれた。
        踏みしめて我慢する感覚が解らない!
        グルグル練は集団の練習、ご無沙汰し過ぎて
        しがみつき方を忘れてしまってた。

        結局落ちこぼれて単独行、何の為に来たんだか。
        アベレージは悪くないから、上手いぶら下がり方を思い出すのが
        近々のテーマか。
        群馬への車もお願い出来たし、
        まずは番長のアシストで脚慣らしといきたいね。

        Quien Soy Yo

        0
          寒くなってきたし。
          レースの予定もあまりないので。
          久し振りにMTBで山遊びに行ってきた。

          今回は御岳山から日の出山。
          ハイライトはケーブルカー乗り場までの登り舗装路(笑)
          15%の標識があるものの、確実にそれ以上ありますな。
          ロードなら最悪でもギシギシと踏み締めれば上がれるだろうが、
          MTBのギヤ比だと、回し切るか立つしかないので、
          爽快感で一歩譲る感触。それでも笑顔で登りますとも。
          今度ロードで来てみよう。

          で、ケーブルカーで楽して上がる。
          登山や御岳神社参拝の人達ばかりの中、

          えぇ、もちろんレーパンですとも。

          挙句に使い捨て&ウェス替わりの靴上履き。

          道々でもすれ違うハイカーの方々に
          「靴履いてないのかい?」と何度か聞かれてしまった。
          そんなバカな。

          で、肝心のトレイルだが。
          石や木の根が比較的多く、苦手な雰囲気。
          それだけ木が寄ってるので非常に暖かく、快適ではあるのだが、
          僕の技術では下りきれない場所が多かった。
          登りならいいんだけど。

          同行の先輩とS氏には今回も随分と待たせてしまったのではないか。
          ニヤニヤしながら担ぎで走る僕に今回も
          「急がなくていいから」と苦笑いをいただいた。
          でも担ぐのも面白いんだよねぇ。

          Making Painful Statements

          0
            サイクルモードのトピックと言えば。
            シマノブースに展示されていた、スポンサーチームの実車の数々。
            7850デュラのホイールだとか、
            PROのハンドルバーだとかをプロモーションする為のなんだろうけど、
            目を奪われたのはコイツ。



            O.フレイレの自転車。

            以前も書いたが、年代や背丈もほぼ同じのフレイレには
            チポッリーニやツァベルへの憧れとも、
            マキュアンやペタッキへの羨望とも違う思いがある。
            そんな選手の実車が目の前に!それこそ舐めるように見ましたとも。
            サドル高は実に普通。DNAの違いを鑑みても、跨がれる程度。
            身長や股下から計算できる範囲は超えない、実に常識的なセッティング。



            ただし、トップは長い。これは市販のジオメトリじゃないよな。
            畏れながら自分の自転車の見栄っ張りなセッティングと比べても、
            ハンドルバー1本から1本半くらいは遠い。
            ステム長からいくと、
            フレームトップ長は535か540はあるんじゃなかろうか。
            誰か実測した人いないかしら。

            ハンドル落差もスプリンターにしては普通すぎる。
            身長や腕の長さを差っ引いても
            チポやペタのセッティングはゴールスプリント専用なんだろう。
            フレイレの引き出しの多さ(シチュエーション次第では逃げをうったり、
            ロングスプリントも単独でこなす)はこの辺がツボか?

            切なかったのはこのサドル。



            「オスカル…!」とアンドレばりに絶句してしまった。

            いや、別に穴空きサドルを否定する訳じゃないけれど。
            都合3シーズンに渡ってデキモノに悩まされてきたフレイレ。
            辿り着いた先はこれか…。
            プロは結果が全て、サドルは自分に合うものが正義、
            とは云っても、スタイルの好みもあるだろうに。
            これを使わなければならない程なのか、辛ぇなぁ。

            Strange Days Over?

            0
              人並みに行ってきました、サイクルモード。

              自転車展しか無かった頃はバーティカル組んで、
              チーム呼んでショーとかあって展示と宣伝と啓蒙と商談と
              あらゆる自転車にからむ事象が詰まっていて
              カタログやステッカーなんかはバラマキな様相だったが、
              モードは試乗と販促に特化されてて、
              カタログにはしっかり値札が付いてたりして、良い意味で薄まってます。
              商売としてはこちらの方が正しいんだろうな。

              でも宣伝用に来日していたD.ベンナーティは暇そうにしていた。
              あまりの閑散ぶりにサインを貰うのもためらうほど。
              試乗に群がるなら、選手の顔でも覚える方がよっぽど面白い、
              と思うのは趣味の問題か。

              それでいてハッキリしていて愉快だったのが、
              脂肪率の高いブースと低いブースが見事に分かれている(笑)
              念の為、何処とは云わないが。
              いやぁ、あのカセットを見る為だけでも辛かった。
              ペイントされたサドルが見たかっただけのブースも辛かった。
              色々タイアップと媒体絡めて話題のカフェも何だかお洒落が古い。
              キャップを切って使うのはタフィの専売じゃないぜ。

              他方、体脂肪率どころじゃなく引き締まったのは市川御大との対面。
              ホセの計らいがなければ実現しなかった。感謝しきりだ。

              「いつも解説を有り難く拝聴しております。」
              と口を開くのが精一杯だったが
              「いやー、沢山乗ればいいんですよ。」
              と玉声をいただく。

              「貴様など補給食のガラを掻き集めた値打ちもない!」
              とFMJばりに罵られるかと思ったが…。
              ただし、第一印象だけで確信したが、
              この人も一緒に走ったら絶対待ってはくれない(笑)
              森さんの時と同じ、“速い人”の妖しさを持っているな。
              単純に言えば“大人気ない”オーラが出てる。
              ま、あそこ、トークショーは田代選手と真下夫妻とかだったし。
              本当にホセはお疲れでした。

              He who is Mighty Conquers Himself

              0
                さてさて、塩原2日目。
                エースの気配りで、名産品や自然の滋味は口にする事無く過ごし、
                目覚めもさわやか、体調もいい。
                涼しいので靴上を履いて、リーダーと合流、スタート地点へ。

                昨日競った方や、年間ポイントが近い人と方針を話したりする。
                皆大人なので、ティーンにやられるなら仕方なしとなった。
                まあ黙って譲ったりする気はないですが。

                今回は、アンカーのチーム参加はないので、
                前半に引き回されたりする事も、
                それで火が点いちゃったりする人も無く、落ち着いてスタート。
                ところが皆ローテーションより位置取りに夢中。
                いいじゃん、どうせ始まったらバラけるんだからと、
                数人で前を抑えたり、下がったりして楽をする。
                ティーンは我慢の限界っぽかったが、
                若いんだから自分でどうにかせい、と放置。
                先導バイクと何やら話していたが、
                ペースアップは却下されたようで何より。
                登りに入り、皆のセンサー音を号砲代わりに本格スタート。

                いきなりエースと棟梁を発見!
                意気がってアウターに掛かったまま抜いてみた。
                クラス内では前に5人位居るが、
                さすがにそれで逃げ切りは無い、と踏んで見える範囲で追う。
                公園を過ぎて、さすがに先頭に1コーナー開けられて焦りだすも、
                それを踏張る脚があるのか怪しい。
                残りは昨日と同じコース、先行に心乱されても、
                追い付く可能性はハッキリ言って低い。
                残念ながら守る走りに切り替える。
                時折前からこぼれてくるが、あきらめた他クラスばかり。
                しかもkm毎の時計は昨日より2〜4秒ずつ遅れてくる。
                歯をくいしばって立ち上がるもスピードは上がらず。

                あげくゴールで一人差されてジ・エンド。
                一桁ながらも入賞は逃した。巧くいかないもんだ。
                当然閉会式の抽選もナッシング。
                フレームビルダーが小径車を当てるという勝者総取りの厳しさ。
                今年のレースカレンダーも僅か。シクロクロスにも行かなきゃダメ?

                He who is Strong Conquers Others

                0
                  大好きな山が待っている。
                  出来れば強制昇級とか、閉会式での景品とかも待ってて欲しい。
                  と、今シーズン1番のモチベーションで挑んだ塩原温泉ヒルクライム。

                  この意気込みの具体策として、
                  まず前日にリーダーにモーニングコールを依頼(笑)
                  しかしそれに先んじて起床!すごいやる気だ、我ながら。

                  さらに遡ってはエースに決戦ホイールの借り受けを約束。
                  エースは今夏、炭素繊維を主原料とする
                  新型決戦用車輪を投入したので、
                  贅沢にもキシリウムESが2軍降格していたのだ。
                  ショップの悪戯で、赤スポークが2本着けられていて
                  パチモン臭いのは気にしない事にする。
                  そして、目標は打倒棟梁。引導を渡してやる位の心持ち。

                  ちょびっとローラー台回して、淡々と支度を済ませスタートへ。
                  裏エースが職場の知り合いに出くわすというエピソードも華麗にスルー。
                  初日は8kmTTで、後半はkm毎にコースにラインがついている。
                  なので目標タイムからラップを決めておく。
                  これを上回る分には、例え抜かれても慌てない。
                  ただし、抜かれた人と無理に張り合うのではなく、
                  他の人を抜いて、結果抜いた数が多くなるようにする、とも決めておく。

                  明らかにハリ・ツヤが違うティーンや、
                  CSCでは会わない登りオンリーな人に抜かれるが、
                  慌てず騒がず他を抜いて帳尻合わせ。

                  タイムはともかく、先行するクラスからこぼれた人も抜いて気をよくする。
                  順調にタイムをこなしてゴールするも、入賞はならず。
                  エースに2分半、棟梁に3分強のタイム差を付けることが出来て
                  目標は達成するも、Wクラスのトップに負けてちゃあダメだった。

                  明日はマスド形式で麓からレース。
                  パレードであっても所詮アマチュア、登るまでになるべく楽をしないと。

                  That's the Way I Roll

                  0
                    チーム練に参加する予定だったんですよ、本当は。

                    でも起きたら集合20分前。
                    行けなくはなかったけど、脚暖めずに行ったら、
                    ますます遅れて迷惑千万、と結局自分を甘やかして
                    リーダーにDNSの電話。直後に部長からお叱りの電話(泣)
                    この間の修善寺といい、しばらくhshinjiさんには顔向け出来ないな。
                    すんませんでした、反省だけは目一杯してます。

                    で、一人練決定。
                    チーム練が速ければ、逆回りで捕まえられるかも、
                    と皮算用してまずは大垂水に最短で向かう。

                    チラホラとツーリングっぽい人や一人練の人はいるものの、
                    チームがいる様子はなし。そして今日も暑い。
                    晴天はいいけど、もうちょっと気温は低めでいいのに。

                    和田や栃谷に入られてたらすれ違いも無しと判断して相模湖へ降りる。
                    公園で水を汲んで、一か八か、宮が瀬に向かってみる事に。
                    やる気はあるものの、所詮は一人旅、ペースはLSD同然。
                    道々、原付に付いてみたりして辛うじて保つ。

                    宮が瀬に着くも既に昼過ぎ。泣けてきます。
                    逆回りにしても、この段階で会えなければ、
                    もうコースが違うか、追い付けない差がついた事は確定。
                    またまた水を補充して帰路につく。
                    反省の意味を込めて、連光寺を加えて帰宅。

                    後でリーダーに聞いたら、ほぼ同じコースを後追いしたようで。
                    読みは合ってたかも知れないが、それじゃあ会える訳はない。
                    次からはリーダーにモーニングコールしてもらうしかないか?

                    Acting the Fool

                    0
                      なかなかスケジュールも合わないので、
                      ずいぶんと久しぶりにW氏とLSD。

                      でもコースはこちらのホームで。
                      野猿街道〜津久井湖〜相模湖〜大垂水、と来て
                      途中で和田や明王なんかを差し挟もうかとも思ったが、
                      台風からこちら、路面状況が回復せず、
                      前週のチーム練でエースがパンク三昧だったと聞いていたので、
                      リスクヘッジと称して華麗にスルー。
                      LSD、LSD、と何かヤバい人の様に口走りながらノンビリと走る。
                      にしても暑いなぁ。もう9月も半ばというのに。
                      街中が暑いのはともかく、山は涼しく、爽やかに行きたいもんだが。

                      そういえば、津久井湖の手前、橋本辺りの交差点で
                      ズバーッと僕らを抜いてった大根の人、
                      通勤の復路でいつも会う人だよなぁ。
                      いつぞやは、いつか倒すぜ位の勢いで書いたけど、
                      昼間の明るい中、目に入った筋張った足から推すると


                      カナリミチハケワシイトオモワレル。


                      ま、諦めたら終わりなので、また機会があればあがきますがね。

                      また、道中お喋りしてたのは、毎度お馴染み、
                      ローディという生き物が如何に大人気ないか、という自虐ネタ。

                      W氏や雨男は、センチュリーライドに自らも参加したり、
                      そういったマイルドで大人びたイベントを主とする方々との
                      付き合いもあるのだが。そんなグループで走ると、
                      ちゃんとお店で食事をして、食休みをとったりするらしい。
                      それ以外にもきちんと休憩を挟んで、
                      ペースが上がらないようにしたりもするらしい。

                      ローディ暮らしが染み付いた身からすると


                      ソンナニンゲンラシイクラシガシテミタイ。


                      位の勢いで感動がありますね。

                      如何に休まずに、無駄に食べずに、テキパキと走りきるか。
                      そればかり考え、競い、妖しげなゼリーや
                      貧相なコンビニ飯を補給と称し、
                      ボトルの中身はCCDや水、麦茶、リンゴジュースなどを
                      注ぎ足してでも切らさぬようにしておいて、
                      家でボトルを洗う時には、そりゃあもう芳しくなってたりして。
                      健康の為の自転車で、健康を損いそうになっているよなあ(笑)

                      ま、とびっきり速い人達はそれはそれとして、
                      鰻を食べにサイクリングとかするらしいね。
                      210km先の諏訪までらしいけど。


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • You Look so Good to Me
                        tmtbt
                      • You Look so Good to Me
                        rsk_idr
                      • Walking is Succession of Falls
                        tmtbt
                      • Walking is Succession of Falls
                        rsk_idr
                      • No Turning Back
                        tmtbt
                      • No Turning Back
                        rsk_idr
                      • Who Hesitates is Lost
                        RSK_IDR
                      • Under the Knife
                        tmtbt
                      • Under the Knife
                        RSK_IDR
                      • Bad to Worse
                        tmtbt

                      links

                      profile

                      書いた記事数:279 最後に更新した日:2008/05/13

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM